就活時のデザイン

就活時に使う名刺のデザインについて簡単に説明していきますので、業者に発注する参考にしてください。基本的に名刺は自分の名前連絡をする電話番号があれば良いです。会社に勤めているなら会社の名前や住所、役職名を書く必要がありますが、就活中ですのでそれらはありません。強いてあげるなら学校名と住所、電話番号を記載するのが良いです。
サークル名やサークル名内のポジションなどは記載するかはその人次第です。アピールポイントなどがあるなら書いて面接などでつなげていけば良いですが、無い場合は記載してもあまり意味がありません。また、自分のブログやSNSのURLなどもアピールになるなら記載をすると良いです。ただし、下手なものなら記載しないことをおすすめします。それが原因で心臓が悪くなる場合もあります。このようなことがありますので、業者に頼む場合はよく考えて名刺を作成するようにしてください。

色や背景なども注意が必要な場合があります。自分をアピールするために写真や自分に関するものを入れるというのは覚えてもらう上で良いです。ですから、入れても良いのですがあまり遊びすぎるのは良くないです。あくまでも落ち着いている方が良いです。名刺からその人の人となりを読むことが出来る場合もありますので注意です。無理に凝ると逆効果になる場合もあります。よく考えて業者に発注してください。

必要になる数

就活時の名刺の数ですが、あまり多くは必要ないです。というのもまず一つ目沢山の名刺を獲得したとしても、そんなに多くの数の就職活動をする気があるのかというのがあります。優秀な人ならそれこそ3~5社受ける前に内定、就職というのが定番です。故に沢山作っても使われないままお金を無駄にすることになるでしょう。

二つ目に必ず就活中に渡せるチャンスがあるかわかりません。書類を送る際に必ず入れるようにするなら良いですが、それなら書類の方に名刺の内容を書けば良いのです。ただし、名刺が必ずアピールになるような状態なら作っておくことをおすすめします。これらを考えて名刺を業者に発注するようにしてください。

基本的に業者に発注する場合はある程度の数を必要とします。業者によっては一箱(100枚)からとなる場合があります。上記でも説明したように必要数が少なくても良いので、それが出来る業者に依頼をするようにしてください。あとはアピールできることを名刺に入れて業者に発注してください。ちなみに、一社ごとにアピールの内容を変えるなら業者に頼まず一枚一枚に自分で記載していくことをおすすめします。名刺業者は基本的絵に一枚一枚別の内容を印刷するということはしていません

就活の名刺について

名刺を差し出す手就職活動を行っている人が多いでしょう。その際に名刺を必要なのかと思っている人がいます。
実際あるところで調べたところほぼ名刺は必要ないという回答になっていますが、必要になったという人も多少居ました。
ですから、就職活動時の名刺の有無ですが必ずしも必要ないとはいえません。
もしも必要としているなら名刺を作っていくと良いです。

就職活動で名刺があるとメリットになることは、あくまでも自分の紹介になります。ただし、紹介などは面接などでも出来ることですので注意です。名刺に自分のSNSやブログなどがあるならそれを書くことで自分のことをアピール出来る材料になります。例えば、ウェブデザイナーとして就活を行っているなら自分が作ったサイトを見てもらってアピールするなどのメリットがあります。
ただし、それで心象を悪くすることがありますので注意です。特に完全に趣味サイトを見せられても困ってしまうと言ったことになる場合もありますので、紹介するサイトはよく考えて紹介してください。また、見られなければ意味が無いので見られるように履歴書やその他の書類に見るような誘導をしないといけません。このようなことをすることである程度自分をアピールすることが出来るかもしれません。

上記で説明したようなアドレスなどのアピールポイントを書くことが就活の名刺の活用方法ではありますが、サークル名はある程度の実績がそこであるなら良いのですが、無い場合はあっても困るので注意です。しかし、サークルも上手くアピールできるものがあるならぜひ使っていくようにしてください。