就活時の名刺の数ですが、あまり多くは必要ないです。というのもまず一つ目沢山の名刺を獲得したとしても、そんなに多くの数の就職活動をする気があるのかというのがあります。優秀な人ならそれこそ3~5社受ける前に内定、就職というのが定番です。故に沢山作っても使われないままお金を無駄にすることになるでしょう。二つ目に必ず就活中に渡せるチャンスがあるかわかりません。書類を送る際に必ず入れるようにするなら良いですが、それなら書類の方に名刺の内容を書けば良いのです。ただし、名刺が必ずアピールになるような状態なら作っておくことをおすすめします。これらを考えて名刺を業者に発注するようにしてください。

基本的に業者に発注する場合はある程度の数を必要とします。業者によっては一箱(100枚)からとなる場合があります。上記でも説明したように必要数が少なくても良いので、それが出来る業者に依頼をするようにしてください。あとはアピールできることを名刺に入れて業者に発注してください。ちなみに、一社ごとにアピールの内容を変えるなら業者に頼まず一枚一枚に自分で記載していくことをおすすめします。名刺業者は基本的絵に一枚一枚別の内容を印刷するということはしていません。

必要になる数